神戸市長田区 分譲マンション管理組合様

今回の漏水はエントランス天井にシミが広がったことから

発見されました。

付近のダウンライトを取り外し、天井裏を確認したところ

調査当日は漏水の水が確認されないことから

給水系の漏水ではなく、排水系または雨水による漏水の可能性が

高いと判断致しました。

漏水が発生している直上に2階共用廊下の排水溝があったことから

まずこちらの排水溝より調査を実施することと致しました。

今回のような排水溝などの漏水調査に役に立つのが

蛍光トレーサーです。

蛍光トレーサーは水に蛍光トレーサー染料を混ぜて使用致しますが、

紫外線ランプを照射することにより、

蛍光色に光ります。

ちなみに上の画像は漏水調査前に1階天井裏を紫外線ランプで

照射した画像になります。(真ん中くらいに光っているのは

コンクリートの成分でできた鍾乳石が紫外線ランプで光っていますが

こちらは蛍光トレーサーとは関係がありません。)

それでは蛍光トレーサーを排水溝に流して調査を

開始していきます。

 

 

 

 

上の画像が蛍光トレーサーを流した画像になります。

今回はわかりやすくするために

蛍光トレーサーの濃度を濃くしていますが、

紫外線ランプを使用する場合はもっと薄くしても

調査可能です。

蛍光トレーサーを流して数分経過した画像がこちらになります。

目視では距離も遠くて漏水を再現出来ているか判断出来ませんが、

紫外線ランプを当てると・・・

このように排水管の開口部より蛍光トレーサーが流れ出ていることが

わかります。

この後排水管のつなぎ目にピンポイントにに蛍光トレーサーを

流したところ・・・

天井にも蛍光トレーサーが流れ出ることを確認出来たことから

今回の漏水原因箇所は排水管のつなぎ目が外れていたことが

原因であることが判明致しました。